魅惑の園芸十二ヶ月
園芸日記。園芸店へ出かけるたびに、部屋の密林化が進む今日この頃。地球に優しく生きてます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/06(月)   CATEGORY: 胡蝶蘭
元気が一番。
プチプチキャンディー


①年末、ホームセンターで3分の1まで値下がった、見切り品の胡蝶蘭の寄せ植えを買う。→根が痛んでいる。→先週植え替え。→葉がちょっと元気になったv

②数週間前、蘭展で正価で胡蝶蘭を買う。→葉が落ちる。根がほとんどない。→先週植え替え。→ツルッパゲになった↓

どっちも『良い』といえる状態でないのに変わりはないけど、①は嬉しく、②は哀しい。弱っていたのがちょっと元気になったのと、元気だと思っていたのが弱ったのの差ですね。

花の姿ももちろん大切だけど、やっぱり元気なのが一番だとつくづく思いました。
というわけで、なんとも元気そうなミニカトレア、プチプチキャンディーの写真をUP。
スポンサーサイト
CO*2 ] page top
DATE: 2006/02/22(水)   CATEGORY: 胡蝶蘭
レスキュー?
ミニ胡蝶蘭

通勤途中、花屋の戸外に放り出された胡蝶蘭と目が合う。
もう、花は終わって、枯れた花がかろうじて2,3輪ひっついている状態。いつからそこにあるのかは分からないけど、最低でも一晩はそこにあったはず。処分品とはいえ、2月の日本で野宿はキビシイよね、可哀想に、と連れて帰ろうとしましたが、花屋開店前。無人市じゃあるまいし、お金置いて連れて帰る訳にも行くまい、と後ろ髪引かれながらも会社へ。
仕事が終わったので、胡蝶蘭さんを迎えるべく、花屋へ急行。
・・・閉まってる。
花屋さん、定休日でした。
またしても、お金を置いて持って帰るわけにもいかず、胡蝶蘭さん、野宿(最低でも)ニ泊決定。
今日の朝、ハラハラしながら花屋の前を通ると、まだいた!
今日こそ迎えに来てあげるからね、と思いつつ出社し、今日は暖かいから、胡蝶蘭さんも日光浴できていいかも、とか呑気に考え始めてからしばらくの後、雨が降り始める。どっひゃー。根が腐る~!!
仕事が終わり、雨の中慌てて花屋へ行くと、そこには胡蝶蘭さんがお行儀よく待っていました。
『よかった、戸外とはいえ、屋根がついているところにおいてもらってたんだね』とホッとしたのもつかの間。
花屋、戸外に放置した胡蝶蘭に雨よりもたっぷりの水を注ぐ。

私の花ちゃん(仮名)に何をするかー!!

・・・ちょっと取り乱しました。
根が腐る、根が腐る、とビビリまくっている初心者には心臓に悪かったのですが、これが普通の扱いなんでしょうか・・・?根の状態が思っていたよりはいいので、私がビビリすぎているだけで、実は結構いい扱いをしてもらっていたのかも、です。(比較対象の以前別の店でレスキュー(?)した胡蝶蘭の根の状態が悪すぎるだけかも。こちらは葉が枯れないのが不思議なほど根が腐ってる&枯れている。)
とりあえず、この時期に植え替えはいけない、と思ったけれど、水はけのよさを求めて、そっとポリポットから出して、そのまま素焼き鉢に移しておきました。
元気になってくれるかな?
CO*2 ] page top
DATE: 2006/02/13(月)   CATEGORY: 胡蝶蘭
蘭展2
ミニ胡蝶蘭イエロー

またまた胡蝶蘭。
これも先日の蘭展で購入したもの。
気に入った鉢を他に同じのはなさそうだったので、とりあえず手に持って確保しました。でも、ちょっと買いすぎだしどうしよう、悩んでいると、他のお客さんがお店の人に私の持っている鉢を指差しながら一言。
「あれと同じものはもうないんでしょう?」
・・・どうやら、最後の一点だったようです。これ、手から離しちゃったら買われちゃうんだろうなあ・・・そう思ったら手放せず、購入。

できれば最低温度15℃は保ってあげたいところなのに、温室もワーディアンケースもない私の部屋で育てられる可哀想な子たち。けなげにも頑張って咲いてくれているので、室内環境向上に頑張る日々。暖房器具のせいで乾燥しがちなので、霧吹きで葉水を掛けていますが、そのうち部屋のどこかにカビが生えそうで怖い・・・。
CO*2 ] page top
DATE: 2006/02/12(日)   CATEGORY: 胡蝶蘭
蘭展
ミニ胡蝶蘭ピンク

行ってきました、蘭展。
地元のホームセンターへたまたま行ったら、開催中でした。
ラッキーだったけど、先に他のお店で買った後だったので、自粛――なんて、するわけない。
あれがいい、これがいいと選ぶ選ぶ(笑)。園芸好きの友達と一緒だったものだから、ますますヒートアップ。気がつけば、一日で友達5鉢、私4鉢のお買い上げ。もう、アホだとしかいいようがない。
写真のピンクのミニ胡蝶蘭、高さ15cmほどで、濃いピンクの花が咲いています。蕾が3つほどついているのが開くのが楽しみです。
CO*2 ] page top
DATE: 2006/01/23(月)   CATEGORY: 胡蝶蘭
禁断の胡蝶蘭
胡蝶蘭

年末に購入したシンビジュームが、温室もなく、結構室温も低い我が家でも元気に咲いてくれるのに気を良くした私の園芸熱はヒートアップ。
年末に諦めたもう一つのシンビジューム『ラッキーグロリア福の神』をやっぱり買うんだ!!とやる気満々で園芸店へ。
けれど、年末~お正月の間に沢山売れてしまったのでしょう、シンビジュームは随分品薄になっており、アーチ仕立ての『ラッキーグロリア福の神』の姿もありませんでした。
が、しかし、そこには新たな出会いが。
私の目に飛び込んだ、見切り品コーナーの隅で燦然と輝く、大輪の白い胡蝶蘭。
ううーん、美しい。
胡蝶蘭は好きな花です。でも、園芸初心者の私だって知っています。胡蝶蘭は育てるのが難しい花だということを。ましてや我が家は、温室ない、室温低い、管理するのはド素人、と三拍子揃った劣悪な環境。まさに私にとっては『禁断の花』といえましょう。
「アナタにアタクシのお世話ができて?」といわんばかりの気品が溢れる胡蝶蘭の前でたっぷり考え込みましたが、誘惑に負けて購入。
おっかなびっくりお世話していますが、一万円のところ、三千円まで値下がっていただけあって(?)根の状態が結構デンジャラスなことに気がつきました。暖かくなるまで頑張って~!!
CO*0 ] page top
Copyright © 魅惑の園芸十二ヶ月. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。